《公募》第5回筆文字コンクール 入賞・入選者名簿





筆文字で日本酒は美味しくなる。

日本酒がブームです。海外での人気もうなぎのぼり。

東京オリンピックで海外からのお客さんも増えるこの機会。

文化の薫り高い筆文字でさらに美味しくいただきましょう!

本プロジェクトの出品者はオール埼玉の立場から、

埼玉書道人連盟(奈良衡斎会長)にご推薦をいただき、

中央書壇でも活躍の33氏にご協力をいただきました。

これに主催団体の筆文字文化振興会推薦作家5氏を加え、33氏がご出品です。

埼玉県では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会、ラグビーワールドカップ2019TMの成功に向け、
県の文化芸術の振興・各大会の気運醸成を図る文化プログラムを推進しています。
そこで両大会の盛り上げに資する、埼玉県内の文化事業に対し資金助成を行っています。

2018酒と書の文化展・書道パフォーマンス 動画 




●地域彩りプログラム部門認定事業●

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0305/b283.html

オール埼玉書壇が、
      埼玉の銘酒を書きました。

●酒と書の文化書道展案内●
「第15回埼玉34酒蔵大試飲会場」

町田 景雲(秩父小次郎)、折川  司(実直)、望月 白華(菊泉)、有岡  崖(金大星正宗)、柴ア 泉聲(白扇)、横田 北園(桝川)、富永 蘇泉(日本橋)
石原 裕子(神の泉)、細田 清尹(力士)、吉澤 翠亭(亀甲花菱)、清水 澄江(ひこ孫)、桑原 正明(清龍)、石川 青邱 (寒梅)、栗崎浩一路(豊明)
荻田 光山(旭正宗)、羽根田 修(九重桜)、政池 龜有(世界鷹)、関根 松篁(万両)、吉田 洪崖(文楽)、小田川大岳(琵琶のさゝ浪)、井上 広登(越生梅林)
高橋 観水(鏡山)、町田 玄洞(天覧山)、飯島 冰壺(武蔵鶴)、江原 見山(晴雲)、奈良 紅雨(帝松)、田島 青谷(秩父錦)、長澤 幽篁(武甲正宗)
保坂 春翔(高麗王)、中山 信龍(東白菊)、鈴木 不倒(天仁)、作村 光雪(花陽浴)、中村 青藍(杉戸宿)

作品は、大宮ソニックシティ― 第一展示場 「第15回埼玉34酒蔵大試飲会場」(埼玉県酒造組合主催)内の各蔵元ブースに展示されています。
このため、入場には試飲料金2000円(前売り1200円)が必要となります。
















第2回 「ミニ書道まつりin川越」

終了しました。

2017年 3月25日、「ミニ書道まつりin川越」
川越市仲町のコメダ珈琲店駐車場前にて実施。
公演は午前・午後の二回。それぞれ約5分を公演。
出演は、瀬田純仙、間瀬貴文、宏美、竹内利映、菅原裕子の五組。
にぎやかに実施。来年も参加予定。(作村)







第一回 ミニ書道まつり in 川越  

終了しました。



プレ企画=『小江戸蔵里(こえどくらり)』は、明治8年(1875年)に創業した旧鏡山酒造の建築物を、当時の面影を残しつつ改修した観光施設です。
おみやげ処(明治蔵)、まかない処(大正蔵)、展示室などからなる。

JR・東武東上線 「川越駅」より 徒歩15分      西武新宿線 「本川越駅」より 徒歩3分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・書道パフォーマンス タイムテーブル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

午前11時〜3時の時間帯に3組を予定
(1) 川越女子高チーム
指導者 野仲隆士教諭
 11:00−30 「風が吹いている」(いきものがかり) 川越女子書道部一年9名+二年生

(2) 大東文化大学有志チーム 「上を向いて歩こう」(坂本 九)



11:30−12:00  2曲 約15分 2回
13:00−13:30  大東文化大学有志チーム 「上を向いて歩こう」(坂本 九)

13:30−14:00 川越女子書道部二年生+三年生「怪盗少女がいく」



14:15−30 2曲 約15分 (3) 丸尾鎌使先生
※スタッフ 2名同行 ・書道講話(フリートーク) 20分
・実演10分

終了予定:14:30


最新情報1



第2回 筆文字コンクール展

終了しました

展示公開期間=2015年9月8日(火)−13日(日)

  場所=東京銀座画廊・美術館 8階C室  

 東京都中央区銀座2−7−18銀座貿易ビル

TEL 03−3564−1644  










2016/4/30 第3回筆文字コンクール募集要項発表

2015/9/1  最優秀賞 入賞者発表

2015/8/28 作品集紹介アップ

2015/8/12 入選者発表
2015/7/31 入賞者発表

2015/07/30  筆文字コンクール審査会

2015/7/29 ホームページリニューアル